ONLINE STORE

© 2023 Usagi no Nedoko Inc. All rights Reserved.

2023.10.30

Sola cubeの誕生からこれまで(01)

Sola cubeは今から17年前の2006年に誕生しました。

その当時、私は広告制作の仕事をしていました。仕事を通して、クライアントの期待に応えたり、課題解決をしていく喜びや達成感を得ていましたが、一方で悶々とした満たされない表現欲求の塊を常に心に抱えていました。

何者でもない自分が、自分にしかできない「モノづくりをしたい」、というメラメラした気持ちであったような気がします。どんなモノづくりをしたいかは当初はぼんやりしていましたが、

1 直接手に取って感じられるリアルなモノ。
2 五感を触発し人の心を覚醒させるモノ。
3 自分自身が心の底から良いと確信できるモノ。

という達成したいテーマのようなものがありました。そんな中で、モノづくりのヒントを求めてアンテナを張っていた際に出会ったのがモミジバフウの木の実です。モミジバフウは街路樹や公園で植栽されている木で、言わば「どこにでも落ちている木の実」。

でも、このまるでウィルスのような放射状の造形の魅力にスッと引き込まれ、「自然界にはこんなにも美しいものが当たり前のように存在するのか?」と驚愕したのを今でもはっきりと覚えています。

それと同時に、自然界が何億年もかけて作り上げたこの美しさに叶うモノなど、自分には到底つくりようがないという圧倒的敗北感に打ちのめされたのです。畏敬の念という言葉がその時の感情を言い得ているように思います。

私の中の強い表現欲求はすっと消え、「自己表現はあきらめる」という境地に至りました。そして、自然界にひれ伏して、黒子としてこの植物の美しさを伝えていこうという使命感へと意識が徐々に切り替わっていったのです。

そこからSola cubeというプロダクトに至るまではあっという間でした。できるだけシンプルにこの造形の魅力を伝えるために、キューブ状の樹脂に封入するというアイデアを考案し、東急ハンズで買った樹脂封入キットで、夜な夜な試作を重ねていきます。

第一号の試作が出来た時に「あ、これはいけそう」という感覚がありました。そんな試行錯誤を経て、4cmの透明キューブの中に、植物の木の実や種、花を封入するというSola cubeの基本モジュールが生まれたのです。

壁に掛けられた絵

低い精度で自動的に生成された説明

今でこそ明確な機能がないプロダクトは受け入れられる土壌があるように思いますが、当時の周囲の反応は「なんだかよくわからない」という反応がほとんど。

それでも自分自身の感覚を信じ、100人に1人くらいは共感してくれるに違いない!と、Sola cubeの製品化及び、ブランドサイト公開に向けて準備を進めていったのです。

Write by / 吉村 紘一

NEWS LETTER

Sola cube History その他の記事

  • 2024.01.12
    ESSAY

    Sola cubeの誕生からこれまで(04)

    植物が持つ「機能美」への興味関心が、2013年に行った「自然の造形美展」という展示に繋がっていった、ということについて振り返ってみたいと思います。(前記事はこちら) 展示のきっかけは、2012年の年末にお会いした東京・蔵前にあるGALLERY KISSAの瀧本さんがSola cubeをいたく気に入ってくださり、 「ここで個展をやってみませんか?」 と声をかけてくれたことでした。 黒子として徹しようという意識だったため、まさかギャラリーでの個展にお誘いいただくとは思いもよりませんでした。とてもびっくりしたことを覚えています。 とはいえ、広い空間を自由に使って展示するということにワクワク感を覚え、二つ返事でお引き受けしました。 展示までの準備期間は半年。 […]
  • 2023.12.08
    ESSAY

    Sola cubeの誕生からこれまで(03)

    Sola cubeが誕生した同時期、アンテナに強く引っかかっていたことに1934年にニューヨークの近代美術館で行われた「MACHINE ART」展があります。 ベアリングやプロペラなど、アメリカ合衆国の大量生産時代に工業目的に作られた部品や製品にスポットを当て、そこに美を見出すという展示です。今でこそプロダクトデザインの展示は珍しくありませんが、当時のニューヨークでは「部品…これのどこがアートなの…?」と困惑と共に受け止められ、大変に物議を醸した展示だったようです。 私はこのMACHINE ARTの展示がとても好きで、ニューヨークの近代美術館に訪問する度にMACHINE ARTのアーカイブ展示を真っ先に観に行きます(好きすぎて過去3回訪問し […]
  • 2023.10.30
    ESSAY

    Sola cubeの誕生からこれまで(02)

    2007年になってSola cubeのブランドサイトが完成。サイト公開と同時にプロダクトの受注販売を開始しました。サイト公開後は予想を超えた反響があり、熱烈なファンレターのような長文メールを何通もいただきました。 私がモミジバフウに引き込まれたように、「植物の美しいかたち」が何かしら、受け手の心を触発しているという確かな手応えを得ることができたのです。 「植物の美しいかたち」に触発される、あの感覚は一体なんなのか?その正体は「センス・オブ・ワンダー」であると私は思います。 「センス・オブ・ワンダー」はアメリカの海洋生物学者であったレイチェル・カーソンが書いた著書のタイトルで、レイチェルの姪の息子であるロジャーと森や海で過ごした美しい体験が描かれています […]
↑

BACK TO TOP