ONLINE STORE

© 2023 Usagi no Nedoko Inc. All rights Reserved.

2024.01.26

窓際に咲く。

春と呼ぶにはまだ早い季節のこと。
Sola cubeが私のおうちにたどり着いた。

淡い色彩の貼り箱の中に丁寧に敷き詰められていた。手にとると、ひんやりとした質感にほどよい重さ。箱から取り出して、寝室のテーブルに並べてみると、
窓から差し込むお日様の光に照らされて煌めいていた。

透明で包み込まれた桜の花はソメイヨシノ。
この子を窓辺に置きたくなったのは、太陽の当たる場所に花を置く習慣をほんの少しばかり引き継いでいるからなのかもしれない。

お部屋に花を飾るようになったのは私の中ではまだ記憶に新しい。
そとに向けていた視点のほとんどが
ここ数年でおうちと向き合う時間に変わっていった。
そんな中で生まれた習慣のひとつだ。

長く過ごす空間に向き合うことに夢中になり、時に散漫になることを繰り返していく過程で、時間を忘れてしまうこともしばしばあった。

そんな時、季節の感覚を外に落としてきてしまったことに私は気づいた。
一体あの時、私はどれだけのものを外に落としてきてしまったのだろうか。
拾われずに、今もまだそのままになってしまっているものもあるかもしれない。
街は静まり返っていた。
足早に歩いた花屋の帰り道。
外は冷たい風が吹きつけていたけれど、
花瓶に活けてささやかなお花見を楽しんだ春は心なしかあたたかく感じた。
忘れてしまいそうになる日々の中で、拾いに行った季節の感覚は今でも忘れない。

Sola cubeに閉じ込められた桜をみているとふとした時に思い出す。そして、当たり前のように享受していた日常を慈しむ気持ちが芽生えてくる。

「春になると桜が咲いて花びらが舞う。」
「夏になると蝉が鳴いて入道雲が見える。」
「秋になると紅葉が始まり金木犀の香りがする。」
「冬になると雪が降って空が澄む。」

月並みと思われても、それでいいしそれがいい。
特別なことは何もなくて、けれど、この毎日は何にも変え難く尊い時間だと深くうなずけるようになったことで、
暮らしの中に訪れる季節を取り込み、彩るのがよりいっそう楽しみになった。

ソメイヨシノは例年、3月から4月にかけて花を咲かせる。
まだ肌寒さを感じる1月の部屋の中で佇むSola cubeの桜は光をたっぷり取り込んで春を待っているかのようだ。
クリスマスやお正月の飾り付けのように、その時折々の花を並べて季節を迎えるのもいいかもしれない。

部屋の空気に溶け込むように、今日も窓際の光に照らされている。
開いた窓からは、冷たい風に混じって、ほんのわずかだけれど、春の気配が近くまで来ていた。

この記事に登場するキューブ


Sola cube ソメイヨシノ

日本人にとっての桜の代名詞。
名前の由来は江戸の「染井村(現在の駒込あたり)」の植木屋が「吉野」の名前で売り出したためと言われています。
成長が早く、花もよくつくので、観賞用として全国的に広がりました。

※2024年販売分は2月2日(金) 12:00~数量限定発売

この記事を書いた人

tomei / 透明愛好家

2019年より透明愛好家として活動を開始。
透明に縁のあるものを集めたり、制作しながらSNSを拠点に透明の魅力を発信しています。
Xでは21万人、youtubeでは32万人のフォロワーがおり、影響力のあるクリエイターとして知られています。
著作に「世界一美しい透明スイーツ図鑑」(KADOKAWA)。

◼︎web site
◼︎
X

Write by / tomei/透明愛好家

NEWS LETTER

Sola cubeと私 その他の記事

  • 2023.10.30
    ESSAY

    世界にひとつと言えるかもしれない

    もういつごろ手に入れたのか思い出せない。 窓辺の光が差し込む部屋の片隅にSola cubeが並んでいる。 大ぶりなタンポポのキューブが今日も光を受け止めている。 記憶に残っているのは、先にSola cubeをもっていたことだ。間も無くして作り手である吉村さんに出会った。 植物の構造美を手のひらに。時を止めたまま。こんなストイックで美しいプロダクトを生み出すなんて、相当尖った人なんだろうと思っていたが、その真逆のというか、冷静に見ると自然そのものな柔らかい人が出てきた。たしかにそういう可能性もあると一人で納得し、酒を飲み交わした。 作り手を前に言葉にすることが難しいことがある。 僕が日頃目に見える場所に置いているのは、常に原点を忘れるなという戒めであり、 […]
↑

BACK TO TOP